「サザエさん症候群」なる言葉があった。楽しく夕飯を食べ終えて、サザエさんを見終った頃から、「明日から会社(学校)か」と思って、ちょっと憂鬱になってしまうことである。サザエさんには何の原因もなく、全く迷惑な話でしかない。今日はこの理由を考えてみよう。

 サザエさん症候群の理由は、休日の楽しさと月曜日からの日常生活の落差にあると思われる。では、月曜日の憂鬱の理由は何だろうか?。これは人体のメカニズムに大きく影響されている。地球は24時間サイクルで自転しているが、人間の生活リズムは実は25時間サイクルである。これがサザエさん症候群のそもそもの原因である。朝起きるのが毎日辛い人、普通でもこうである人にとって月曜日が輪を掛けて起きづらいのはこんなメカニズムによる。まず、金曜日の夜に、いつもより1時間遅く寝る(眠くなる)。土曜日の夜は更に1時間遅く就寝する。そのままいくと日曜日の夜には自然のサイクルとしては3時間遅く就寝することになる。かと言って、月曜日の朝のことを思うと平日の夜と同様の時刻に床に着くことになるだろう。

 何故か日曜日の夜になかなか寝付けないのはこの様な理由によるものであった。しかも、寝付けないときに思うことは不思議とあまり楽しいことはない。寝付けないことの不安がますます月曜日の朝への不安をかき立ててしまう。そんな朝の目覚めが月曜日の憂鬱と言われるものである。

 私の場合、高校の時に月曜日は毎週朝テストが行われていたため、確かに日曜日の夜は憂鬱であった。そして、最近は月曜日からの早起きを思ったり、月曜日のコラムが書きあがってない場合がそうである。「今回はこの憂鬱を逆手にとって、ネタにしてしまおう。助かった」。月曜日からこんなディープな話題で申し訳ないが、理由が分かったからには、みなさんも来週からはこの憂鬱から解放されるかもしれない。