ハンバーグカレー丼。これは我が社の社員食堂に出て来るメニューである。ここでは、日替わりメニューは三種類あり、スタンダードな日替わり定食が「A定食」。「B定食」は定食とは言うものの、丼もの(+小鉢&汁もの)となっている。これに「日替わり一品」というのをあわせての三種類である。一品料理はおかずだけで、ご飯や味噌汁は別売となっている。これ以外にも、カレーや麺コーナーもある。いかん、忘れていた。ラーメンコーナーも日替わりラーメンというのがあった。

 お察しの通り、ハンバーグカレー丼はB定食である。日替わりメニューは基本的に二週間間隔でローティションしているようだから、好きなメニューも月に二度しか遭遇できない。それにしてもハンバーグカレー丼とは妙な名前である。よくある、ハンバーグカレーを丼を入れたものではない。そんな和食屋(そば屋)があるなら見てみていもんだ。ちなみにこれは丼とは名ばかりで、皿に盛られている。カレーはカレーでもドライカレーなのだ。ドライカレーにハンバーグを載せたものがこの「ハンバーグカレー丼」の正体である。

 やはり、妙な名前と言わざるを得ない。初めて献立表を見たときは、「どんなもんだろう?」とワクワクした。カレーとハンバーグと言えば子供が好きなメニューの王道である。私は相変わらずこんなものに弱い。ビーフカレーよりもカツカレー。しかし、それよりもハンバーグカレーが好きである。そして、先日「B定食」に新メニュー登場。その名は「ローストビーフ丼」。ご飯の上にローストビーフが載っている。しかし!、ご飯がドライカレーではないか!。ハンバーグカレー丼の例に倣うならば、「ローストビーフカレー丼」と名付けるべきか?。いやいや、やはり「ハンバーグカレー丼」という名を改めるべきだろう。