シグマリオンを買った。「シグマリオンって何?」というあなたには、西村雅彦が出ているNTTドコモのCMのモバイルコンピュータと言えば分かってもらえるだろうか?。ビジネスマンが使用するトランクケースのゼロハリバートンデザインのあれである。何かとデザインが話題で実物を見た事がなかったが、モック(展示用模型)を見てから4日目には買い求めていた。ドコモのコンパクトPHSカードとの不具合の騒ぎなど、私には関係ない。

 ビジネストランクケースのゼロハリバートンはアルミ外装らしいが、そのデザインを模したシグマリオンの外装はプラスチックの成型であった。そう思うと安っぽい感じもするが、そんなことは私の満足感を少しもそこなう事ではなかった。販売元がドコモであるため、カタログスペックでは他社の携帯やPHSは使用できないと記されているが、熱心なユーザによるサイトでは、「もともとがNEC製であるため、その(モバイルギア用)接続ケーブルを使用できる」との情報を得、心配事は金の工面だけになった。

 シグマリオンのことはテレビCMを通じ、随分以前から知っていたが、そのときは微塵も欲しいなどという気は起きなかった。それが、先週末会社帰りに立ち寄った、丸井上野店でそのモックを見るや急に欲しくなってしまった。大きさといい、軽さといい、値段も手頃だし。私の場合、このような購買動向が結構多い。はじめは特に意識しなかったものが、ある事をきっかけに突然欲しくなり、そして数日後には買い求めている。車もカメラもギターにもこんな買い方をしたものがある。それまで特に意識していなかった人に優しくされると急に意識しはじめてしまう、そんな思春期の経験がトラウマとなっているのか?。

 しばらく後にはこのマシンでコラムを書きはじめることになるだろう。シグマリオンの自慢話はいずれ。