ちょっと前まで、20世紀の終わりが1999年だと思っているが人が結構いた。ちょうど100年前にも同じ様な事で、イギリス政府も1900年を20世紀の始まりと公に発表し、その後に修正することがあったらしい。1年から100年までが世紀となるのは、西暦0年が存在しない事を考えれば明らかである。

 今年が世紀末であると思う人が多い理由の1つに聖飢魔Ⅱの存在がある。「1999年に地球制服を完遂し解散する」と以前より公言していた。そのせいで誤解している人がきっといることだろう。彼らがメディアに露出し出した頃はほとんどの人が1999年までこのグループが持つはずないと思っていたから問題なかったが、現にその年を迎えてしまった。当初この解散は1999年の7月に予定されていたらしい。しかし、マネージャーのミスで今年一杯活動するだろうということで、その後のスケジュールも入れられてしまい、解散が12月まで延びたらしい。地球制服を5ヶ月先送りさせた恐るべきマネージャーである。

 さて、世紀末の2000年は閏年である。閏年というのは4年おきに自動的にやってくるものだから、何という感慨もないだろうが、実は西暦が100で割り切れる年は閏年から除外することになっている。よって、1900年は閏年ではなかった。さらに例外規定がある。西暦が400で割り切れる年は閏年となるのである。よって西暦2000年は400年ぶりの意味ある閏年なのである。

 しかし、2000年や21世紀というのが何故めでたいのだろうか?。天文学的には何の根拠も存在しない。21世紀になったところで急に何かが変わることもない。逆に世紀末に世情が荒れたり、景気が停滞すべき理由もない。要は世紀末であることを理由にこじつけているにすぎない。新世紀の到来とともに景気が回復するのならそれでも良いが、100年おきにこんな事が繰り返されるとすれば、全くもって「うひゃひゃひゃひゃ。ヒデーモンだ」。