国会

1/5ページ

第1966話 ■1966年

 当コラムも二千話の達成に向けて、ほぼカウントダウンに入った。奇しくも号数が、西暦として馴染んだ形での数字となっている。1966年は私が生まれた年だ。1966年、もちろん記憶していることなど何もない。以前にも書いたが、私たちを一括りに表現し […]

第1964話 ■憲法改正の発議

 日本国憲法第96条。中学3年時の社会、公民の時間に憲法について学ぶのだが、我が担任であった社会科教師はこの96条を重要な条項だとして我々にその暗唱を求めた。そのせい(おかげ)で三十余年の時を経た今でもこの条項はそらんじている。「この憲法の […]

第1935話 ■値引きの結果が高い買い物

 参議院予算委員会で注目の森友学園問題。「(総理大臣夫人は)公人か、私人か」。異様に安い価格で売買された土地の問題の背景に、学園側は総理大臣夫人の名を借りて、そこから生じる忖度(そんたく)に期待したのかもしれない。総理とその夫人となると、そ […]

第1901話 ■自分でも買わない商品を売ること

 通信キャリアの看板を揚げた、専業の携帯電話ショップでのこと、スマートフォンの機種変更を行った際に、「メモリーカードはいかがですか?」と店員に購入を勧められた。店に並んでいるmicroSDカードの金額を見ると、かなり市場価格から乖離している […]

第1801話 ■反原発を語るには

 自宅からの最寄駅で朝街頭演説を行っている、某野党の国会議員候補者がいる。今朝は「電力の自由化」を訴えていた。電力販売の独占状態を止めて、利用者が好きな電力供給者と契約をして電力の供給を受けられる、ということらしい。原発反対の人は原発で作ら […]

第1752話 ■スポーツバカ出馬

 参議院選挙にあいつぐスポーツ選手の出馬表明が続いている。政治をバカにしているのか、と言いたい。 <民主党> ・谷亮子(柔道選手) ・池谷幸雄(元体操選手) <自民党> ・堀内恒夫(前巨人軍監督) <たちあがれ日本> ・中畑清(元巨人軍コー […]

第1726話 ■事業仕分け

 国の予算の無駄を削る、行政刷新会議の「事業仕分け」。これを評価する国民が多く、ひいてはこれが内閣支持率にもつながっているようだ。もちろん、私もこの事業仕分けについては支持している。国会会期中でありながら、国会よりも事業仕分けの方がニュース […]

第1672話 ■世襲と襲名

 最近、国会議員の世襲が話題になっているが、ことの善し悪しはさておき、歴史的に見れば権力の移動は長い間世襲を軸に繰り返されてきた。将軍様の例を見れば特に明らかだ。日本だけでなく北朝鮮でも将軍様は世襲であるところが面白い。加えて、千代田城にお […]

1 5