国会

2/5ページ

第1582話 ■世襲について

 国会議員に二世、三世といった世襲議員が多いのは周知の通り。現内閣の中でも首相をはじめ、実に12人が世襲議員なのらしい。そして議員の子供となると、楽してまた国会議員になれるもんだと私たちは思っている。小泉元首相も引退を機に地盤を次男に譲り、 […]

第1572話 ■新総裁へは期待薄

 本日、自民党の新総裁が選出される。麻生太郎幹事長が新総裁に選出されることは間違いない。彼にとっては満を持しての総裁就任となる。それにしてもこれ程茶番な総裁選はなかった。当初から出来レースや消化試合などと呼ばれていた。総裁になれないと分かっ […]

第1562話 ■電撃辞任

 先ほど、福田総理が突然に辞意を表明した。会社からの帰りの電車の中、「太陽と海の教室」をワンセグで見ていたら、臨時ニュースが流れてきた。このタイミングでの辞任は全く予想していなかった。支持率が低迷しようとも、しぶとく居座るタイプだと私は思っ […]

第1493話 ■タシロボ32暴走中

 私は伊集院光のラジオ番組が好きで、古くはオールナイトニッポンの2部に始まり、今でもTBSでの深夜番組を録音ながら聞いている。そんな彼が企画・構成する冠番組、「伊集院光のばんぐみ」というテレビ番組がある。デジタルBS11とかなりマイナーな環 […]

第1462話 ■日銀総裁

 現福井日銀総裁の任期が今日で切れるため、この総裁職がしばらくの間空席になることが確実になった。参議院で民主党はじめ野党が候補者に対して不同意であるため、膠着状態に陥っている。どうやら民主党は候補者が財務省(旧大蔵省)出身者であることを反対 […]

第1382話 ■食い違い

 またぞろぞろと食品に関する偽装とそれを隠そうとするさらなる嘘が露見した。船場吉兆の消費期限の偽装事件。最初はパートがやったこととして会社は関与を否定していたが、その責任を負わされそうになった人が逆襲に転じ、取締役からの指示であったことを明 […]

第1347話 ■総理突然の辞意

 安倍総理、突然の辞意。そのタイミングには驚いてしまった。一昨日に所信表明演説をしておきながら、その代表質問の日、しかも直前に辞意を表明するとは。  9日にシドニーで「職を賭して」と彼が発言した際に、これで辞める覚悟ができたんだと思ったが、 […]

第1298話 ■昭和最後の日

 とりあえず、昭和64年はやってきた。そして、昭和64年(1989年)1月7日。年明けからわずか一週間のこと、この日は土曜日だった。大学四年で卒業を間近に控えていた私は、年明け早々風邪をひいてダラダラした数日を送っていて、この日も朝から病院 […]

第1271話 ■往生際

 何事もものごとにはタイミングというものがある。永田衆議院議員。こいつは相当往生際が悪い。例のホリエモン送金メール事件でごたごたを起こし、メールが偽物と分かった当初は自ら議員辞職を口にしていたが、民主党の執行部からとりなされて、「執行部に一 […]

第1138話 ■災いを転じるには?

 ここの所、顕著な不祥事というのは、嘘をついたり誤魔化そうとしたがために一層事態の悪化を招き、自らの地位や立場を追われるというケースが多い。鳥インフルエンザでの逮捕、三菱ふそう自動車のリコール隠しによる逮捕、官房長官の辞任。それに野党第一党 […]

1 2 5