電子書籍の魅力の一つは、紙の本と比べた際の安さだ。紙代、印刷費、流通費などのことを考えれば、もっともっと安くできるのだろうが、それでは紙の本が売れなくなるから、バランスを見ての値付けだろう。けど、電子書籍の普及を本気で考えるのなら相当の戦略的な値付けを考えて欲しいものだ。ついでに言うと、電子書籍は貸し借りや中古としての再流通ができないから、基本的に一人一冊となる。一方、中古本の流通は著作者の新たな収入とならない。今ほどの中古流通のことなど想定できない時期に考えられた印税の仕組みであるため、今のところ、やむなしと言ったところか。

 さて、本を安く購入したいとなったら、電子書籍と中古本という候補が挙がる。価格差か、すぐに読みたいのかで、その時々の判断は異なるが、価格差を重要視することが私の場合は多い。ほとんどが、中古本の方が安い。しかし、在庫があるのか?、販売価格が幾らか?、を実際に中古書店まで出向いてみないと分からないのは煩わしい。そこで、送料や手間などを考えても、ネットでの購入が効率的であれば、ネットで中古本を買うことが多い。

 このような中古本までの市場までを取りにいきたいのであれば、もっともっと電子書籍には戦略的な値付けを期待したい。けど、それで困る人はたくさんいるんだろうな~~。

(秀)