「秀コラム」はコラムのデパートです。デパートのごとく、幅広いテーマを対象に辛口&懐かしさに面白さをミックスしてお届けします。
コンテンツ

タグ : ドラマ

第1934話 ■「夢の中へ」

 探しものをする場合、必ずそこにあるはずということで始める場合と、どこにあるかすら分からないけど、とりあえず探し始めるという場合がある。買ったのは間違いないし、捨てるようなものでもないので、きっと家の中にはあるのだろう。 …

第1927話 ■タラレバ娘の心理学

 まずは、ドラマ「東京タラレバ娘」の話題から。現在日テレで放送されているこのドラマはアラサー女性3人を主人公にした恋愛ドラマである。この3人を吉高由里子、榮倉奈々、大島優子が演じている。吉高は売れない脚本家、榮倉はネイリ …

第1926話 ■「嫌われる勇気」のドラマ化

 アドラー心理学の解説本、「嫌われる勇気」が出版されたのは、確か3年前のことだったと思う。それを今のタイミングで、しかも刑事ドラマ仕立てでドラマ化する意味がよく分からない。主演は香里奈。かなり偏屈な女性刑事を演じている。 …

第1924話 ■テレビ番組録画の行方?!

 テレビ番組雑誌の年末年始特大号がコンビニの雑誌コーナーに並んでいる様子を見ると、「ああ。年末なんだなあ~」と思ったものだが、最近はあまりそんな気持ちも起きなくなった。そんな雑誌を買わなくなって久しいから、そもそもそうい …

第1914話 ■ドラマ見てる??

 早いもので、今年も残り2ヶ月を切ってしまった。一日一日が過ぎていくのが早く、その積み重ねだから、ひと月も本当にあっと言う間に過ぎてしまう。そして、一週間というリズムは私の場合、テレビ番組でそれを感じる。油断をしていると …

第1884話 ■受験のシンデレラ

 落ちこぼれの女子高生が東京大学を目指すというドラマ。ちょっと前に同種の話として「ビリギャル」が流行った。表紙につられて本を買って読んでみたら、大した内容ではなかった。表紙に出ている写真の女性がこの本の主人公で、執筆者の …

第1881話 ■そして、誰もいなくなった

 かつてそんな名前の推理小説があった(けどそちらの正式タイトルは「そして誰もいなくなった」で、途中の読点がない。作者はアガサ・クリスティ)。ここで取り上げるのは、現在放送中のドラマのタイトルの方である。主人公の藤原竜也が …

第1880話 ■シビリアンをコントロール

 内閣改造、などと騒いでいる最中、北朝鮮が弾道ミサイル発を発射し、1発が日本海に落下した。新たな防衛大臣は女性で大丈夫か?、と思えた瞬間。私個人が、女性の防衛大臣に不安を覚えているだけではない。女性の防衛大臣に不安を覚え …

第504話 ■恋愛ドラマのセオリー

 「恋愛とはタクシー待ちのようなものだ」。ドラマ「Love Revolution」の冒頭は江角マキコのこんなナレーションから始まった。その後には確か、こんな感じのフレーズが続く。「待っているとなかなか現れず、通り過ぎるタ …

第502話 ■ラブ・レター

 「『鉄道員』も良いけど、『ラブ・レター』も良いなあ」。「何を今頃!?」と言われてしまいそうだが、浅田次郎氏の直木賞受賞作品「鉄道員」を読んだのはつい最近のこと。直木賞も取って、映画化もされてと、何かと話題の多い作品であ …

1 2 3 4 »

「同窓会サイト」:PR


コラム・アーカイブ

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © コラムのデパート 秀コラム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.